〒182-0036 東京都調布市飛田給1-11-1-1F

飛田給駅徒歩3分・駐車場6台分

042-444-1715

WEB
問診

一般内科

一般内科とは

一般内科画像

内科全般を幅広く診療するのが一般内科です。風邪を引いた、熱がある、インフルエンザかもしれない、あるいは突然の腹痛、嘔吐・吐き気、下痢といった消化器症状が現れた、また動悸や息切れがするなど循環器症状が気になるなど、急性症状を訴えて来院される患者さんを対象としています。

また、体調不良であるものの原因がよくわからないという場合も当診療科をご受診ください。一般内科は、どの診療科での診察が適切かを医師が判断する窓口的な役割も担っています。なお初期診療(プライマリーケア)の結果、高度な医療機器による検査や治療、入院加療が必要と医師が判断した場合は、当院の提携先でもある病院や専門の医療機関をご紹介します。

慢性疾患も診療対象です

このほか長期の治療が必要となる慢性疾患も当診療科で対応いたします。例えば、日頃からの不摂生な生活習慣が引き金となって発症する生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症 など)をはじめ、アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎 など)、何度も繰り返されているというような症状、疾患につきましても診療範囲となります。さらに健康上の不安があるという場合もお気軽にご相談ください。

以下の症状に心当たりがあれば、一度ご受診ください(例)

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など)
  • お腹が張る
  • 吐き気、嘔吐
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

一般内科でよく取り扱う疾患

急性疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、尿道・膀胱炎、熱中症 など
慢性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)、貧血、頭痛、骨粗しょう症、アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん)、便秘 など

一般内科で診療する主な疾患

風邪

風邪とは主に病原体(細菌やウイルス など)が、鼻や喉など上気道に感染し、それによって炎症が起こっている状態を総称して風邪症候群と呼ばれます。一般的には風邪(かぜ)と呼ばれているものです。なお風邪を引き起こす原因の大半はウイルスによる感染です。

主な風邪の症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喉の痛み、せき、痰、頭痛、発熱といったもので、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状がみられることもあります。

一般的な風邪は特別な治療をしなくても1週間以内に回復します。
しかし、症状が強く、これを改善したいという場合は対症療法が行われます。例えば、咳を鎮めたい、痰が切れないという場合に鎮咳薬や去痰薬などを用いて諸症状を軽くさせますが、ウイルスの感染による風邪は特効薬がありません。細菌の増殖を抑える抗生剤は無効です。当院では抗生剤の使用を極力控え、漢方薬などを用いて自然治癒力を高めることで早期の治癒を図っています。

インフルエンザ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染し、発症した状態を言います。主に飛沫感染や接触感染で感染し、1~2日間ほどの潜伏期間を経て発症し、3~7日間ほど症状が続いた後、治癒に向かいます。

高熱(38℃以上)、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状だけでなく、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢も現れることがあります。また小児やご年配の方、基礎疾患をお持ちの方は重症になる可能性が高く、気管支炎や肺炎を併発するほか、場合によっては脳炎や心不全を罹患することもあります。

感染を予防し、万一発症したとしても症状の軽減が期待できるインフルエンザワクチンがあります。当院でも予防接種を行っています。

胃腸炎

一口に胃腸炎と言いましても様々ありますが、ウイルスや細菌、もしくは寄生虫によって引き起こされる胃腸炎のことを感染性胃腸炎と言います。この代表的な病原体には、ノロウイルス、サルモネラ菌、腸管出血性大腸菌(O157など)、カンピロバクターなどがあります。

主な症状は、下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などです。治療には整腸剤や抗生剤などが用いられます。当院では漢方薬も併用します。

感染性胃腸炎は予防をすることが重要です。加熱が十分でない食品に注意すること、外出先から帰宅の際や、トイレや食事の前などはまめに手洗い・うがいを心がけるようにします。

花粉症

花粉症とは、主に花粉がアレルゲン(抗原:アレルギーの原因となる物質)となって発症するアレルギー症状の総称を花粉症と言います。

主な症状は、目のかゆみや充血、目の異物感、涙、くしゃみが止まらない、鼻水・鼻づまりなどです。さらに酷い状態になると、咳、喉や皮膚のかゆみ、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などがあります。

原因となる花粉については、スギやヒノキがよく知られていますが、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギでも発症する患者はいます。したがって、春先限定というわけではありません。ただ、いずれにしても花粉が飛ぶ時期に限定されることから花粉症は、季節性アレルギー性鼻炎、または季節性アレルギー性結膜炎とも呼ばれています。

花粉症の症状が強く出ている場合は、対症療法(抗ヒスタミン剤や漢方薬など)が行われます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは、鼻の粘膜にアレルギーの症状がみられている状態を言います。主なアレルゲンには、花粉、ハウスダスト(家の埃など)やダニの糞・死骸、ペットの毛やフケ、カビなどが挙げられます。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、鼻のかゆみなど鼻症状が中心です。ダニやハウスダストをアレルゲンとするものは季節が限定されず1年中症状がみられることから通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。

治療は抗アレルギー剤を中心に、ステロイド点鼻薬も併用されます。そのほかにも、例えばハウスダストが原因であれば掃除機などで部屋をこまめに掃除するなど、アレルゲンから可能な限り回避する環境を整えておくことも大切です。

なお薬物療法だけでは改善が見込めない場合は、鼻の粘膜をレーザーで焼く、神経を切断するなどの手術療法が検討されます。

主な生活習慣病

高血圧

血圧とは心臓から血液を送る際に血管にかかる圧力のことを言います。血圧には収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)がありますが、収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上という場合に高血圧と診断されます。

血圧が高いままの状態が続くと常に心臓から余分な負荷をかけて血液を送る必要があり、そして血管はその圧に耐えられるよう硬化していきます。これが動脈硬化を招き、血管が脆くなるほか、血管内が狭くなるなどして血流が悪化するなどします。この間もこれといった症状が出ないにも高血圧の特徴ですが、放置状態が続けば、やがて命にも影響しかねない、脳卒中や心臓病、腎臓病といった合併症を発症します。症状はなくとも常に血圧を測定するなどしておけば、数値の異常に気づくことはできます。そのため、定期的に計測することは大切です。

高血圧は主に2つに分類されます。ひとつは特定の原因がない本態性高血圧で、もうひとつが他の病気が原因で引き起こされる二次性高血圧です。ただ日本人の高血圧患者の約9割が本態性高血圧です。なお本態性高血圧の原因は不明とされていますが、遺伝的要素(高血圧を発症しやすい体質)に、肥満や過食、日頃の食生活での塩分過剰摂取、飲酒・喫煙、運動不足などが関わることで起きるのではないかと考えられています。

糖尿病

血液中に含まれる糖分(ブドウ糖)を血糖と言い、その濃度のことを血糖値と言います。この血糖値が慢性的に高い状態が続くと糖尿病と診断されます。

健康な方であっても食事をする、糖分を摂取すると血糖値は上昇しますが、膵臓から分泌されるホルモンの一種インスリンが働くと血糖は細胞内にエネルギーとして取り込まれ、再びバランスのとれた状態に戻ります。しかし、糖尿病になるとこのインスリンが何らかの原因で、全く分泌されない、分泌量が不足する、量は十分でも作用が伴わないといった機能不全状態になって、血糖値は上昇したままの状態となります。

糖尿病発症の原因は主に2つあるとされています。ひとつは1型糖尿病で、インスリンを作る膵臓のβ細胞が自己免疫反応による破壊などによってインスリンが出ていない状態です。もうひとつは2型糖尿病で、主に日頃の不健康な生活習慣(過食・偏食、運動不足、飲酒・喫煙、過剰なストレスなど)によって膵臓が疲弊するなどして、インスリンの分泌量不足や質の低下(効き目が悪い)が起きている状態です。全糖尿病患者の9割以上を占めるのは2型糖尿病です。

糖尿病の早期は症状がほぼ出ませんが、病状が進行するにつれて、のどの異常な渇き、多尿・頻尿、倦怠感、食欲旺盛も体重減少といった症状がみられるようになります。慢性的な高血糖状態では、血管が常にダメージを受け続けていることでもあります。さらに放置が続くと、まず細小血管が障害を受け、合併症(糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害の三大合併症 など)を引き起こします。そして大きな血管(動脈)に障害が発生すると脳卒中や虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)を発症するようにもなります。
中でも糖尿病性神経障害は主に足の感覚が鈍くなり、むくみや血行障害を来します。トゲを踏んだり、水虫で皮がむけたりしたところに細菌感染を起こしやすく、痛みを感じないため気づいたときには深部に細菌が侵入し、蜂窩織炎や骨髄炎を生じます。これを放置すれば生命に関わることにもなるため、やむなく足切断せざるを得ないこともあります。当院では特に糖尿病性神経障害などから来る足病変を予防し、下肢切断を免れ救済することに注力しています。

脂質異常症

脂質異常症とは、血液中に含まれる脂質のうちLDL(悪玉)コレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が過剰な状態にあるか、HDL(善玉)コレステロールが少ないという場合に、脂質異常症と診断されます。

なかでもLDLコレステロールは動脈硬化と関連が深く、過剰となるとコレステロールが血管壁に蓄積されて血管が狭まって血流が悪くなる、さらに蓄積物が積み重なると詰まってしまいます。心臓付近の血管が詰まれば狭心症や心筋梗塞、脳の血管が詰まれば脳梗塞を発症します。

なお脂質異常症も自覚症状が出にくい疾患です。そのため、定期的な健康診断を受け、LDLコレステロール値などの数値の異常を早期発見することが大切です。脂質異常症と診断される具体的な診断基準の数値は次の通りです。

  • LDLコレステロール値≧140mg/dL(高LDLコレステロール血症)
  • 中性脂肪≧150mg/dL(高トリグリセライド血症)
  • HDLコレステロール値<40mg/dL(低HDLコレステロール血症)
糖尿病や高血圧も発症の原因

コレステロールや中性脂肪と聞くと、悪いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、コレステロールは胆汁酸やステロイドホルモンの原料、中性脂肪は体内にエネルギーを貯蔵させるといった働きがあるなど、体にとって必要なものでもあります。

発症の原因は、長期間の生活の乱れ(脂分や糖分の多い食品を好んで食べる、運動不足、喫煙・多量の飲酒 など)、遺伝的要因、すでに糖尿病や高血圧を発症しているといったことなどです。何の症状も出ていないという場合でも、医師から数値の異常を指摘されたら、まずは医療機関をご受診ください。

高尿酸血症(痛風)

血液中に含まれる尿酸が過剰になっている状態を高尿酸血症と言います。具体的には血液検査で尿酸値が7.0mg/dlを超えている場合を言います。

尿酸とは、細胞の核の成分であるプリン体が分解して発生する老廃物です。大半は血液に溶けて腎臓へ運ばれ、尿として排出されます。尿酸が必要以上に増えると、飽和状態となり血液中で針状に結晶化した尿酸塩として析出します。

この尿酸塩が関節などに溜まってしまうと激痛(とくに足の親指の付け根)を伴います。これが痛風です。痛風は、高尿酸血症患者の1割程度の方にみられ、血清尿酸値が7.0mg/dl以上ではいつ発症してもおかしくありません。また、痛風の症状が出なくても、尿酸値が高いままだと痛風結節のほか、尿路結石、腎障害、脳血管障害、心疾患など様々な合併症を発症するリスクが高くなります。

尿酸が増える原因には、先天的な代謝異常、造血器疾患、遺伝的に尿酸を排出しにくい体質であること、また尿酸の元となるプリン体を多く含む食品(レバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなど一部の魚介類)を過剰に摂取している、アルコールの多量摂取、肥満、無酸素運動のやりすぎといったことが挙げられます。このようなことから、高尿酸血症の患者は食生活を見直すなどの生活習慣の改善などが必要になります。

飛田給プライマリクリニック
診療科目
形成外科・小児形成外科・皮膚外科・一般内科・整形外科
住所
〒182-0036 東京都調布市飛田給1-11-1-1F
電話
042-444-1715
アクセス
飛田給駅徒歩3分
駐車場あり
日・祝
9:00~12:00 診療 診療 診療 診療 診療
14:30~15:30 手術
往診
手術
往診
手術
往診
手術
往診
診療
15:30~18:00 診療 診療 診療 手術 ※診療

※土曜日午後の診療は17時までとなります。